しみじみほっこり旅気分♪ あきた美彩館で郷土の美味を召し上がれ|Gradito(グラディート)Web

サンケイリビング新聞社

Gradito-グラディート

検索
  • facebook
  • Instagram
Top > 記事一覧 > グルメ > しみじみほっこり旅気分♪ あきた美彩館で郷土の美味を召し上がれ
akita3

Gourmet

しみじみほっこり旅気分♪ あきた美彩館で郷土の美味を召し上がれ

秋田県のアンテナショップ「あきた美彩館」は、特産品はもちろん、ダイニングスペースで郷土料理や地酒がいただけるとあって注目です。秋田の薫りいっぱいのイベントもあり、ちょっとした旅気分が楽しめます。

odamasa@食べて幸せ

Share This :
Facebookでシェアする
ツイートする
LINEで送る

秋田を感じる空間で郷土の味をいただきます

秋田の特産品がぎっしり並んだショップの奥に、細長い通路に沿って木格子やのれんが並ぶ古民家のような空間が広がる「あきた美彩館」。この雰囲気は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている、横手市増田町の内蔵をイメージしたものだとか。木格子の向こうにはテーブル席があり、その奥に、真っ白なインテリアのかまくらの間や、掘りごたつ席のなまはげの間といった宴会にも活躍しそうな個室があります。

こちらでいただけるのは、稲庭うどん、比内地鶏、ハタハタなど秋田のおいしい食材をたっぷり使った料理の数々。比内地鶏のだしが効いたきりたんぽ鍋は、季節を問わず人気がある料理ですが、冬ならではのお楽しみがあります。それはセリが入ること。地元の人は根っこごとセリを食べるのがこだわりなのだそう。美彩館ではブランド野菜である三関セリを取り寄せ。豊かな香りとシャキシャキの食感がたまりません。

美酒の国、秋田の銘酒を召し上がれ

もう一つの人気者が地酒。日本酒がブームの今、こちらでしか飲めない地酒を求めて、訪れる若い女性が増えているとか。雪の茅舎、高清水、刈穂といった秋田を代表する日本酒が定番で並ぶほか、なかなか手に入らないレアな銘柄もズラリ。毎月第1月曜から水曜までの3日間、「あきた酒っこフェスタ」というイベントが開催されます。2時間、1000円で地酒が飲み放題。イベントで飲める地酒は毎回替わるので、あれこれ試してみたいですね。

地酒のお伴は、もちろん、いぶりがっこやハタハタ寿司、ぎばさと呼ばれる海藻、じゅんさいなどの秋田の名物。「食があって、そこに料理と合うお酒が造られるんです」と店長の兼子友美さん。地酒と郷土料理の最高のマリアージュをぜひお試しあれ。

なまはげに会える! 楽しいイベントも開催

ダイニングで気に入った地酒や食材があれば、購入できるのもアンテナショップならでは。毎月25日には、なまはげ夜会が開催され、1月には、振る舞い酒のある初売りや、店頭の広場で秋田から運んだ雪でミニかまくらが作られる雪祭りなど、イベントもめじろ押しです。いつものランチや宴会を旅気分で味わってみるのは、いかがでしょうか。価格は税込み。

akita1
コースのお薦めは、美の国あきたまるごとコース。4630円
akita4
酒どころ秋田の銘酒もアンテナショップならではのラインアップ

Information

あきた美彩館

港区高輪4-10-8 ウィング高輪WEST-III 1階

JR・京急線「品川」駅 高輪口より徒歩3分

TEL:03-5447-1010

営業時間:11:00~23:00

定休日:なし

WEBサイト:http://www.akita-bisaikan.jp/

akita3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Gradito Webの
最新情報をお届けします

Related Articles

Ranking

Gradito in Paper

40%e5%8f%b7%e6%9c%80%e7%b5%82%e8%a1%a8%e7%b4%99最新号 2017年3月号/vol.40
  • 39%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99%e6%9c%80%e7%b5%822017年1月号/vol.39
  • 38%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99%e6%9c%80%e7%b5%822016年11月号/vol.38
  • hyoshi_vol372016年9月号/vol.37
  • Gradito 2016/07号表紙2016年7月号/vol.36
  • Gradito 2016/05号表紙2016年5月号/vol.35
  • Gradito 2016/03号表紙2016年3月号/vol.34
  • Gradito 2016/01号表紙2016年1月号/vol.33
  • Gradito 2015/11号表紙2015年11月号/vol.32