一流料亭の味をリーズナブルに。八芳園「槐樹」は大切な人との会食におすすめ|Gradito(グラディート)Web

サンケイリビング新聞社

Gradito-グラディート

検索
  • facebook
  • Instagram
Top > 記事一覧 > グルメ > 一流料亭の味をリーズナブルに。八芳園「槐樹」は大切な人との会食におすすめ
_t1a1673

Gourmet

一流料亭の味をリーズナブルに。八芳園「槐樹」は大切な人との会食におすすめ

チャペルでの結婚式から和装の結婚式まで、さまざまな形で結婚のお祝いをプロデュースしてくれる八芳園。披露宴以外では利用できないと思っている人も多いかもしれませんが、実は気軽に利用できる和食のお店があるのです。

加茂光☆好きな食べ物は美味しいもの

Share This :
Facebookでシェアする
ツイートする
LINEで送る

四季折々に移りかわる、日本庭園を眺めながら頂く料亭の味

白金台の八芳園は結婚式の披露宴会場として有名ですが、実は大切な人との会食の席として気軽に利用できるのをご存知ですか。季節ごとに表情がかわる八芳園の広大な日本庭園を眺めながら、料亭の味を楽しむことができる「槐樹(えんじゅ)」がそのお店。

庭園の四季折々の美しさを料理でも表現しようと、槐樹では12種類の「暦月椀」を用意。旬の食材を使うのはもちろんのこと、使うお椀自体を月ごとに変え、季節を感じられる工夫が凝らされています。

産地、品種、炊き方を季節によってかえる、ご飯へのこだわり

また、食事の基本とも言えるお米には並々ならぬこだわりがあります。お米の産地や品種の特徴を熟知した専属のお米マイスターが毎月全国のお米を厳選し、月ごとに配合率を変えてお米をブレンドしています。さらに、外側が比較的やわらかく炊ける土鍋と、外側が比較的しっかり炊き上がる鉄鍋とを使い分けながら、お米の旨味を最大限に引き出しているのです。そのこだわりは驚きです。

気になるお値段ですが、ランチメニューの手毬寿司会席”はなえみ”は、小鉢に茶碗蒸し、手毬寿司16種とお味噌汁、甘味まで付いて一人前3200円。本格的な料亭の味をリーズナブルな価格で堪能することができます。

日本酒のイベントは女性にも大人気

近年人気なのが、定期的に開催される日本酒のイベント。八芳園が注目する酒蔵さんを全国から招き、貴重な銘酒が飲める「蔵元さんと一緒に日本酒を愉しむ会」や、女性でも気軽に日本酒を楽しめる「日本酒ばる」などを開催しています。

日本酒好きで集まる女子会に、または家族が集まる食事の席に、覚えておくと重宝しそうです。価格は税込み。

enju_014
カウンター席のガラス越しに見える日本庭園
0161light
お米の産地や状態に合わせ、鉄鍋と土鍋を使い分ける
img_4714
月ごとに、具材と使用するお椀が替わる暦月椀
img_9250
女性にも人気の日本酒イベントは毎回予約で一杯に

Information

白金料庭 槐樹

港区白金台1-1-1 八芳園内

都営三田線「白金台」駅より徒歩3分

TEL:03-3443-3125

営業時間:ランチ=月~金曜 11:30~15:00(LO14:30)、土・日曜、祝日 11:30~15:00、14:00~16:00の2部制
ディナー=17:00~22:00(会席料理LO20:00、アラカルトLO20:30、ドリンクLO 21:30)

定休日:なし

WEBサイト:https://www.happo-en.com/restaurant/enju/

関連キーワード

_t1a1673

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Gradito Webの
最新情報をお届けします

Related Articles

Ranking

Gradito in Paper

40%e5%8f%b7%e6%9c%80%e7%b5%82%e8%a1%a8%e7%b4%99最新号 2017年3月号/vol.40
  • 39%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99%e6%9c%80%e7%b5%822017年1月号/vol.39
  • 38%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99%e6%9c%80%e7%b5%822016年11月号/vol.38
  • hyoshi_vol372016年9月号/vol.37
  • Gradito 2016/07号表紙2016年7月号/vol.36
  • Gradito 2016/05号表紙2016年5月号/vol.35
  • Gradito 2016/03号表紙2016年3月号/vol.34
  • Gradito 2016/01号表紙2016年1月号/vol.33
  • Gradito 2015/11号表紙2015年11月号/vol.32